ケモノの勝手

オリジナルかなり多めのイラスト、マンガ等の公開。

熊猫爺(ぱんじぃ)2

カーリングの話





ぱんじぃ「え~、今日の話題はあれじゃな。」



ひま「わっ!どこから出て来ているの!?
今日は何なのかな?あ、みなさんおはよう。
ぼくはアイアイの杼魔(ひま)くんだよ。」



ぱんじぃ「え~へへへへ~・・・。」



ひま「考え事しているんだよねぇ?
(ホントはエッチな事しか考えてないんじゃないのかな?)」




ぱんじぃ「おお~、考えがまとまったぞ。」


ひま「えっ!なになに?」


ぱんじぃ「カーリングのことじゃな。」


ひま「カーリング?氷上を箒でお掃除するあれかな?」


ぱんじぃ「こらこら、違うぞ。」


ひま「だってぼく、よく知らないもの。」


ぱんじぃ「ワシはのぉ、カーリング女子がええのぉ~と思わず応援したのじゃ!」


ひま「どこがいいの?」


ぱんじぃ「ケツじゃな。」


ひま「ケツ?お尻好きなの?」


ぱんじぃ「ん~、カーリングとは、滑らせたストーンを目表のところに止めて得点を競う事なのじゃ。」


ひま「それで、ケツの話はどうなったの?」



ぱんじぃ「後ろから見るとええのぉ~・・・、あ、もう今回はこれで終了じゃ。」



ひま「へぇ~そうなの?じゃあ、ぱんじぃの後ろを見よう!」



ぱんじぃ「すな~!!」