ケモノの勝手

オリジナルかなり多めのイラスト、マンガ等の公開。

パンダとアイアイ

杼魔「ぼくはアイアイの杼魔(ひま)くんだ。おさるさんだよ~♪」


杼魔「顔は怖いかも知れないけど、大人しいよ。

今日はパンダさんも来るんだ。

ぼくがいるから可愛さも引き立つね。

ふふふ。

あ、そろそろ来たみたい。」









「じゃじゃ~ん!」


杼魔「か、かわ・・・いくない!」


熊猫爺「ワシが熊猫爺(ぱんじぃ)じゃ!

因みにジャイアントパンダ=大熊猫、

レッサーパンダ=小熊猫じゃぞ。」


杼魔「でも、その恰好いけないんじゃない?」


熊猫爺「何を言うか。無駄なものを削減したのじゃ。

つまりエコロジーじゃな。

ふぉっふぉっふぉっ。」


杼魔「エコロジー?って・・・、

ただのエロジジイじゃないか!!」


熊猫爺「ん?何か言ったかの?」


杼魔「べ、別に・・・。」

熊猫爺「えへへへへ~・・・。」


杼魔「ぱ、ぱんじぃって、変態?」


熊猫爺「ちゃうわ!

考え事をしてたんじゃ!!」


杼魔「で、今日は何のお話だったんだっけ?」


熊猫爺「うむ、身近なニュースじゃな。

ほれ、例えばレスリングの問題とか、

色々話題があるじゃろ?

そう言うのじゃな。」


杼魔「うわ~、危ない話が出そうだね。

でもね、今回はこれで終わりだよ~。」


熊猫爺「えっ?ワシまだ何も言っておらんのにのぉ~。」


杼魔「この企画、次回があるかどうかも分からないんだよ~。」

熊猫爺「しょうがないのぉ~。では、またじゃ!」